×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


踏み切らない(ふみきれない)


踏切を駆け抜ける風。僕らを追い越して、一足お先にっと向こう岸へ渡ってゆく。

やかましい警報を奏でながら、遮断機が下りる。
僕らも風と張り合って全速力ダッシュ。案の定、間に合わない。

二本の棒が、レールを包み、そして世界を二分する。こちらと、あちら。間に合った空間と、遅刻した空間。

黄色と黒の縞模様を身にまとった棒が、僕らの行く手を阻む。
だけど風は僕らを追い越して、一足お先にっと向こう岸へ渡ってゆく。棒さえも無視して。

遠くから来訪者の呼び鈴が聞こえる。
……遠くから来訪車の呼び鈴が聞こえる。

あちらの世界から、女の子が手を振っている。勝手に行っちゃだめよと母の声。
こちらとあちらを遮断する、三途の川な切断面。世界が再びくっつくまで、しばしのお別れ切断面。空を飛んだら逢えるけど、そうはさせない(できない)切断面。

女の子が消える(なくなる)。視界の電車は4両編成。
通り抜けるは8秒間、僕の脈拍120。

そして開ける僕の視界。まもなく世界が解放される。
親子の再会、そして二人は歩きだす。
僕は静止したまま、その場から動かずに、ただ遠くを眺めてる。
さっきまで隣にいた少女は先を急ぐ。そして僕らはばらばらになる。

線路は何処までも続いている。
僕は一人で感慨にふける。

線路は遠くを知っている。
僕が知るのはすぐそばだけだ。
線路は近くも知っている。
僕にわかるのは目の前だけだ。

目を閉じて、感じる。
少し先から、鐘の音が聞こえる。

学校の予鈴チャイムが聞こえて、僕は結局駆け出した。





直線創作 index > works > novel > 踏み切らない(ふみきれない)